付帯部分の塗装の必要性

外壁塗装では、付帯部分も塗装します。
これは、素人から見るとこれは必要なさそうに見えますし、なるべく外壁塗装の費用は抑えたいと思ってしまいますが、実は場所によって目的が異なっています。
まず、「軒天」。
これは、軒下から見上げた所にある天上のことです。
隠れた位置にあるので外からは見えにくいですが、雨水などが溜まりやすいため、劣化を防止するために塗装を行います。
次に、「雨樋」。
雨樋は、塩ビでできていることが多いので、破損などが起きない限り劣化はしません。
そのため、この部分の塗装は、美観維持のために行います。
次に、「雨戸・戸袋」。
これらも、軒天と同じく人に見られにくい部分ですが、どちらも金属でできています。
そのため、劣化してくるとサビが生じ、そこから穴が開くこともあります。
そのため、サビを防ぐ目的で塗装を行います。
そして、「破風板・鼻隠し」。
これらは、屋根の内部に雨水などが入るのを防ぐためのものです。
頻繁に雨風に晒される部分ですから、劣化を防ぐために塗装を行います。
これら以外にも付帯部分はありますが、いずれにせよ塗装するには何らかの必要性があるので、よく調べたうえで塗装すべきかどうかを判断したほうがよいでしょう。