塗装の出来を決める重要な高圧洗浄

塗装工事にはまず今までの汚れを落としてから施工します。汚れは水圧で洗い流す高圧洗浄で行います。
屋根や外壁に積もった汚れを落とすことで、塗料の接着をよくするのです。

ここで手を抜かれたらどうなるか。

塗装の仕上がりに大きく影響が出てきます。
サイディング外壁の場合には
塗装面に汚れが残っていることでシーラーなどの塗料が塗装面につきづらくなってしまいます。
結果、数年で塗料が剥がれてしまうこともあるのです。

そうならないように高圧洗浄を行うのですが、
高圧洗浄を行うときには、しっかりと清掃面の奥まで汚れが取れるようにしないといけません。
特にコロニアル屋根の場合にはコケやカビなど、しっかり洗浄しないと取りにくい汚れもあります。

高圧洗浄で塗装面をまずはきれいにすることが塗装工事を成功にするポイントです。

しかし、高圧洗浄はやりすぎても住宅によくありません。
高圧洗浄の力はかなり強いので、年数が経って強度が落ちてきている外壁はあまり強い力をかけてしまうと削れてしまう場合があります。
また、屋根材がコロニアルの場合はも年数による強度低下で割れてしまうことがあります。

汚れを落とすことが目的ですので、過度に洗浄を行っていないかチェックすることをお勧めします。
適切な時間で、適切な洗浄を行う業者を選ぶことは大切ですが、しっかりと高圧洗浄の前にはどのようにやるのかを聞いておきましょう。

外壁塗装や屋根塗装前の高圧洗浄で、長年の汚れ、埃が取れると塗装工事の土台ができます。
たくさんのサイトを見ている中で外壁塗装横浜.netは塗装施工中の写真からどのような工事をしているかわかりやすく説明されています。外壁塗装や屋根塗装を考えた時にはどんな施工をしているのか、どんな業者なのか知ることが大切です。
外壁塗装、屋根塗装を考え始めた時に参考にしてみるといいかもしれません。