外装塗装工事下塗り剤

塗装工事で重要なのは、新しい塗膜の接着が非常に大事になります。
せっかく塗装をしても接着具合が悪いと期待している耐用年数を下回り、再度塗装を行うことになってしまいます。
そのためにも塗装の下塗りは重要な工程になっています。

塗装面に塗る下塗り剤のことをシーラーと呼びます。

シーラーの役割は

  • 塗装面に過度に塗料が吸い込まれないようにすること
  • 塗装面劣化の原因の一つであるアルカリを抑える効果
  • 塗料との付着、密着性の向上


といった役割があり、重要な役割を持っています。
シーラーの選択は塗装する素材の種類や状態によって選択し、上塗りする塗料の種別によってシーラーのタイプを決定します。
たくさんの種類がある中で、住宅によく使われているシーラーをご紹介します。

①水性シーラー
新築時に多く使用され、水性塗料を上塗りするときに使われます。
エマルション系とも言われています。
外壁に用いられたり、室内の塗装工事でも使用されることがあるシーラーです。

②水性弾性シーラー
単層弾性系や水性系の塗料の下塗り剤として使われます。
弾性とは力を加えた時に元に戻ろうとする性質のことを言います。
弾性が高いというのは変形しやすく、元に戻ることを言います。

③カチオン系シーラー
水性塗料の下塗り剤として使われ、その特徴は付着性が良く、汎用的であることです。
外壁の他、屋根、軒天にも使われます。

④エポキシ系シーラー
シーラーが塗装する部材にし染み込み、部材を補強するシーラーです。
カラーベスト屋根(スレート屋根)の塗装工事で使われます。

⑤微弾性フィラー
外壁の材がモルタル系である場合の下塗り剤です。
付着性が高いため、強度の落ちた部材に使用できるのが特徴です。

⑥溶剤塩化ゴム系シーラー
防水タイルの下塗り剤として使用されます。
ゴム系シーラーは防水が必要な部分によく使われています。

このように、住宅に使われるシーラーは施工する場所によって適した下塗り剤があります。
新築時や外壁の塗り替え、屋根の塗り替えの時にはシーラーの特徴にあったものを選ぶことが大切です。


質の高い外壁塗装をご希望なら「千葉で外壁塗装」で検索千葉外壁塗装工房へ