住宅塗装を怠ることでもたらされるデメリット

住宅の塗り替えは新築から10年程度で行う事が多いため、住宅塗装を日常的に考えている方はいません。

毎日見ている住宅の変化に気づきにくく、「塗装をする必要がない」と思っている方もいらっしゃるのではないでしょうか?実はこの考え方が、住宅の寿命を短くしてしまう原因という事をご存知ですか?

なぜ住宅を塗装する必要があるのか?それは屋根材も外壁材も、経年劣化する有機物を使用している事が多いからです。

多くの住宅が使用しているサイディング外壁も、薄い形状のスレート屋根材の主原料はセメントです。そのままでは雨水を吸い込み劣化してしまうため、塗料で表面保護を行っているのです。

しかし、どれほどグレードの高い塗料を使用していようと、いずれは劣化してチョーキング現象や色褪せを起こし、汚れが付着してしまいます。

汚れは住宅の見栄えを悪くし、古ぼけた印象にしてしまいますし、放置していて改善されるものではありません。

住宅に使用する材料が劣化すると雨漏りも発生させ、室内の状態まで悪くさせてしまいます。住宅全体を綺麗に、快適に維持するために、いかに住宅塗装が必要なメンテナンスかを理解し、計画的に補修を行っていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です