細かいところもしっかり養生する

塗装工事において養生は大切です。

養生を行う理由は塗装する部分と塗装しない部分を分け、きれいな仕上がりにする
ということです。

養生も仕上がりに影響します。
しっかりとした養生ができていないとどのようになるのでしょうか?

壁には凹凸がありますので、そこから塗料が垂れてしまったり、住宅以外の部分に塗料が付いてしまいます。
塗装工事が終わってもちょっと違和感を感じることになるでしょう。

養生の仕上がりをチェックすると、その業者がどのような仕事をするのかも見ることができるのでよく見ておきたいところです。
養生テープがまっすぐに貼られた仕上がりの業者はしっかりとした仕事をしてくれるようです。きれいな境界線ができていると、思わぬ塗料の垂れがなく非常に仕上がりがきれいになります。
塗装業者の中にはこの養生をきっちりとやらないこともあるそうですが、仕上がりが職人の腕の見せ所な分、ここに手間を惜しまない業者が良いようです。
庭の植物や車など、気になる部分は養生をしっかりとしてもらいましょう。

また、足場にかけられる養生シートも周囲に塗料を飛散させないようにするためのものですので、必ず付けてもらうようにしましょう。

住宅の塗装しない面の保護も考えた塗装工事を行うことが非常に大切です。